スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマートフォン で 通訳 できます

タイ は 今まさに熱き 総選挙中 です
しかし 日本の総選挙とは まったく違って  拡声器で連呼しまくる 迷惑な 選挙カーなど は ありません

本当に 静かな選挙です いいですね~
sennkyo.jpg


タイの熱き政治とは ほとんど縁が無い 一般市民の生活は 冷静で平和です

私が バンコクに来たことを知って Tさん家族が 日本観光旅行をした時のお礼をしたいと 今回も 私に夕食を御馳走してくれました

私の 近況報告で 先月に大腸癌の手術をした こと 話したら!
 Tさん は ビックリ!
6 (11)


「ペット検査」や「放射性を帯びたブドウ糖薬剤」とか「内視鏡手術」などの 医療用語が混じる会話で… 

今度は 私が ビックりしました

Tさんの お嬢さんKちゃん は 海外旅行関係の会社で仕事をされていますから 英語も 日本語も ペラペラなのですが 聞き馴染みの無い医療用語では 取り出した 彼女愛用の『スマートフォン』 で 『通訳』を Tさんに してくれました
6 (12)

もう二十一世紀は! 携帯電話では なくて 『スマートフォン』なんですね
昭和生まれを実感する 瞬間でした  私は 時代に着いていけなーい!    
スポンサーサイト

静養の旅です タイへ独り旅

心はタイ (2)

楽しかった済州島三人旅から タイへは私だけの独り旅です 

空が綺麗です 海も そして 陸も 美しい☆



タイです ワイです 互いを尊敬です☆

心はタイ


そして 今 タイは 総選挙中でした

タイの 選挙掲示板は 控えめです
6 (32)

選挙カーは無いし 候補者名を連呼するよなナンセンスな選挙運動もありません

選挙
選挙 (2)

でも…

日本と違い タイの選挙運動は 命がけとは …!

まだ まだ 両派のしこりは 残されたままのようです  

万丈窟(マンジャングル)の前に 自然史博物館へ 行きましょう

済州島の観光をするには 自然史博物館へ行った 後に すると 良いかもしれません

島の自然や文化が 分かりやすく展示されていて 予習が できます
自然史博物館の前で 三人の記念写真を 撮ってもらいました
048.jpg

世界最長の溶岩洞窟の 万丈窟(マンジャングル)へ
総延長 は 1万3千422メートル です

私には 照明が欲しー! 足元が 溶岩でボコボコで 水に濡れている  暗すぎ!
歩行用の渡り通路が設けられている個所は 良いのですが…  歩きづらい!
万丈窟(マンジャングル) (3)


洞窟の途中に 済州島を模ったようにも思える 岩(亀岩)があります
ここで チョット一休み します 
万丈窟(マンジャングル)


そして 万丈窟(マンジャングル)で一番の見所 「溶岩石柱」です
一般に公開されている 最終到達点ですよ! 水に濡れたボコボコ道を ここまで歩けて 私は大満足☆ 
万丈窟(マンジャングル) (2)

忘れてならない 済州島名所が 有りました
それは  トケビ道路です なぜって 「上り坂を エンジンを止めた車が 自然にのぼってしまうのです」
023.jpg
目の錯覚とはいえ それは不思議な感覚です

済州島三人旅を 楽しまさせてくれた 皆さんへの お礼は 言いつくせないほどです
特にキャビンアテンダントの皆さんは 本当に快適な空の旅を 提供してくれました ありがとうございます☆
KA キャビンアテンダント
 

オールインハウス と 猫山峰(ミョサンボン)

行きました! 
『イ・ビョンホン』の オールインハウス へ
若い人から 年配の人まで 大勢の人々が 列を作って 訪れています 
オールインハウス

やはり ファンには「 夢 」を 見させてくれるようです
オールインハウスの 前には 白いブランコ です
オールインハウス (2)

人に勧められると 断れない I さん は 「夢を体験」しました
Eさん と 私も 勧められたのですが… I さんの勇気は ありませんでした
オールインハウス (3)

ドラマを 観ていた皆さんには 「 感動の瞬間 」が このセットにあるのだそうです
なんとなく 感動が 私達にも伝わって きたかな~
オールインハウス (4)


そして 「ぺ・ヨンジュン」の 『太王四神記』のロケ地 猫山峰(ミョサンボン)
いつものとおり 案内図で 見学順路を考えます

猫山峰(ミョサンボン)
猫山峰(ミョサンボン) (2)
猫山峰(ミョサンボン) (3)
猫山峰(ミョサンボン) (5)

良く出来た セットです

しかし…  観光客が… ほとんど いません!
ゴーストタウンのようでした   ヨン様人気に依存するだけでは 未来が無いかも しれませんね
リピーターを 作る工夫が あればな~

猫山峰(ミョサンボン) (4)


ただ 流暢な日本語で 実演販売をしていた はちみつ菓子職人さん は 独り頑張っています 

城邑(ソヌプ)民俗村で 西田敏行に似たガイドさんが 最高!

このガイドさん は 話術の天才です!

城邑(ソヌプ)民俗村

話のテンポ! 声の強弱! そして 表情の豊かさを備えた 話術のポイントを 全て押さえています

城邑(ソヌプ)民俗村のことや ガイドさんが<観光客へ 伝えたいことが 明瞭的確に 伝わってくるのです!

① 城邑(ソヌプ)民俗村には 生まれてくるのは女の子ばかり 男の子が生まれないので 村の男はモテモテで  一夫多妻は当然 しかも 男は 仕事はしないし酒を飲んでは遊んで暮らせる 男の天国であったこと

② 城邑(ソヌプ)民俗村では 女は真逆で 女の地獄で あったこと

③ 観光客は 城邑(ソヌプ)民俗村の伝統文化とガイドさんの生活を守る為に 城邑土産を 沢山買うこと

よ~く 私達に 伝わりました


済州島の 水を汲むオムニ像と私達の 記念写真です

城邑(ソヌプ)民俗村 (2)


ガイドさんは 話術でけではなく 壺さえもを楽器に変えてしまう 名演奏家でした
壺の口を 掌で叩く 強さや広さで音階ができ リズム良く叩くことで 演奏するのです 
こうして城邑(ソヌプ)の女性は 生活の辛さを 紛らわせていたのだそうです

城邑(ソヌプ)民俗村 (3)


これは 城邑(ソヌプ)の特産品「五味子」を 熟成する製法を 説明するガイドさん
勿論! 私達はガイドさんの生活を守るため 「五味子」をお土産に 買いました(天才話術で催眠誘導されました?)
 
城邑(ソヌプ)民俗村 (4)

噴火口:サングムブリ

平地に出現した噴火口の跡という サングムブリを 観光するためには… 
まず この城壁のような門を 潜ります
サングムブリ (5)

門を潜ると 左手に入場券の売り場が あります
今日は 私達を含めても 入場者は 少ないですね
サングムブリ (6)

噴火口サングムブリ は まるで私達が 貸し切りを したかのような感じです

サングムブリ (8)

長さ数百メートルの なだらかな見学路を 登れば そこからは噴火口サングムブリが 見渡せます
噴火口の底まで 深さ100メートルの間には 日照量の違いから様々な植物が 繁茂しているそうです
サングムブリ火口

そして サングムブリ観光の 思い出写真を1枚 
サングムブリ記念
 

サングムブリ観光の後は 海鮮鍋ですが…
準備は まだ ですか~?   火が点いてませんよー
サングムブリ (11)

ようやく コンロに火が点きましたが まだ まだ ですね 
蓋を取って つい確認して しまいます
サングムブリ (10)

もう大丈夫 煮えてきました   皆さん! 美味しい海鮮鍋ですよ~  さァー 食べましょう☆
サングムブリ (9)
 

NANTA

済州島で あの人気ミュージカル 『NANTA』が 見られます
NANTA (3)

4人のコックが 結婚披露宴の料理作りをしながら 包丁とまな板や 皿に鍋等の食器や調理器具を打楽器のようにして アーティスティクでコミカルに演じるという  確か何年か前にテレビで紹介されたいた 韓国のミュージカル『NANTA』を 観に行くことにしました

NANTA.jpg

NANTA (2)

NANTAグッズ販売をする 可愛いお嬢さん
NANTA (4)
NANTA (5)
NANTA (6)
開演前の舞台なら撮影はOKみたいです

開演すると 演者の高いダンス技術と音楽性に加え コミカルな演出で もう舞台に引き込まれました
4人のコックさんの 紅一点 女優さんがスタイルは良いし 美人です

『NANTA』 は いや~ 素晴らしい☆  観覧を お勧めしたいです

城山日出峰(インサンイルチュルボ)  登れるかな?

済州島の最東部に 島から海へ突き出るように 出来た火山が 城山日出峰(インサンイルチュルボ)
朝日に照らされた城山日出峰(インサンイルチュルボ)は それはそれは美しい景色だ とは聞いてはいたのです 私達の中に 早起きが苦手な方が いたというわけでもないのですが…

城山日出峰(インサンイルチュルボ)の麓に着いた時は もうお昼でした
161城山日出峰(インサンイルチュルボ)

韓国は 修学旅行の季節なのでしょうか? 観光客のほとんど が 高校生です
私服の高校もあれば 制服の高校もあるようです
162城山日出峰(インサンイルチュルボ)

高校生は元気ですね あっちでも こっちでも 高校生の活気が 満ち溢れています(相当煩いです)
163城山日出峰(インサンイルチュルボ)
165城山日出峰(インサンイルチュルボ)

登山道は とても良く整備されています
167城山日出峰(インサンイルチュルボ)

しかし I さんと私は 次第に 足が鉛のように重くなってしまい
E さんの背中との距離が どんどん 離れてしまいます
166城山日出峰(インサンイルチュルボ)

とうとう I さんと私は 途中で もうギブアップ!
下山してしまいました
173城山日出峰(インサンイルチュルボ)

美しい緑のなだらかな噴火口を堪能できたのは E さん 一人だけでした
I さんと私は 噴火口の外輪を 見上げて 『 疲れましたー 』
171城山日出峰(インサンイルチュルボ)

東門市場(トンムンシジャン)  で ブラブラ~リ ショッピング(見るだけ)

旅は 地元市場を 見学するべし ですよね!
東門市場(トンムンシジャン) は 済州市の中心に位置してます 

この 3本ヤシとオベリスク が 目印でしょうか

264東門市場(トンムンシジャン

なんとも 庶民の市場的な 感じです

271東門市場(トンムンシジャン

中に入れば 路地と路地とが交わり 迷路の様です
魚や 薬草や 肉に お菓子 そして 小物 から 済州島名物の柑橘類 まで なんでも有ります
247東門市場(トンムンシジャン
252東門市場(トンムンシジャン
262東門市場(トンムンシジャン
255東門市場(トンムンシジャン
253東門市場(トンムンシジャン
257東門市場(トンムンシジャン
256東門市場(トンムンシジャン

ただ見るだけの 私でしたが 笑顔で試食を 勧めてくれた 済州美人さんと はい!「キムチー」☆
267東門市場(トンムンシジャン

そして ユーモアたっぷりな I さんは 橋の彫刻と はい!「キムチー」☆ 東門市場(トンムンシジャン)の記念写真でした
273東門市場(トンムンシジャン

済州KALホテル の近くに 三姓穴が ありました 

089KALホテル
095KALホテル前で


私達が泊っていた 済州KALホテルから歩いていける近くに 「高」、「梁」、「夫」の三人の神様が 地中から誕生したという その三姓神が 誕生した穴とされる 「三姓穴」が ありました

三姓穴への 案内図があり 外国人でも とても分かりやすいです

228三姓穴の配置図

古く趣のある門を くぐります

231三姓穴への門

そして 木立の中を 進みます

235順路



木立が生い茂る中に ポッカリとスポットライトを当てているかのように 三姓穴が 照らされています

238三姓穴


一般人は 三姓穴の保存のため近寄れないので 三つの穴を 見ることができません
そこで 三つの穴を写したパネルが 有りました 見学者への思いやりでしょうね

239三姓穴の案内

そして 三姓神話を分かりやすく 日本語のアニメで紹介する施設や 人形展示があり 済州島の文化を紹介しようとする 韓国の皆さんの意気込みが 伝わってきます
240三姓の人
242三姓のお祭り
 

「龍」 を 見たこと あります…? 龍頭岩(ヨンドゥアム)

韓国本土と 済州島の間には 済州海峡 その済州海峡を臨む済州市には 龍がいる…?

済州島には 「昔々 龍になって空をと飛ぼうとした白馬 が 将軍につかまって 岩になってしまいました」 という伝説があります そして その岩が 「龍頭岩」と呼ばれているそうです

もちろん 私達は みんなで その伝説の龍頭岩を 見に行きました

KA旅は一緒に


これは 「龍頭岩」では ありませんよ

055龍頭巌



これが ☆ 「龍頭岩」 ☆ です

060龍頭岩

そこで Eさん が 一言 「誰か 『龍』を 見たこと ある???」 

龍は 想像上の存在です だから 一人一人のイメージの中で 存在するのですね

そう思うだけで あの岩から 色々な龍の姿に 思い浮かびますよ☆
海に潜ろうとしている様にも! そうではなく 海から這い上がるようにも!

自由なイメージの広がりを Eさんの 一言から 有名絵師の龍画からのイメージに とらわれることなく 岩を見る人それぞれの イメージで楽しむことができました 

063私も

 

翰林公園(ハルリムコンウォン)は 盆栽が 私のお勧めです

韓国で 最南の島だからでしょう 正に南国情緒たっぷりです

翰林公園(ハルリムコンウォン)

まずは 園内案内図を 確認してから です

312園内案内図

順路が 決まれば さあ GO! GO!

317翰林公園
319翰林公園

ちょっと 場違いなところが 面白いです ☆ 盆栽園 ☆

324盆栽
325盆栽
326盆栽

そして ひょうきんな動きですよ 駝鳥の食事風景です

駝鳥

優雅です ☆ 白孔雀 ☆ は 私達に 羽を大きく広げて サービスしてくれました

白孔雀

済州島 は 三人旅です

済州島の南部に位置する中文には ロッテホテル済州があります
ホテル内にある免税店での Eさん Iさん そして 私を含め3人の興味は同じ! 漢方各種のお茶でした
3人旅

三人のお昼は 海鮮トクぺギ です
でも…  なかなか 出てこない

私達のテーブルに 並んだ キュウリキムチ イカキムチ 小魚キムチ等々を 食べつくすと お代りのキムチは 直ぐ出てくるのですが…  
メインの海鮮トクぺギ は まだ出てきません 

気の長~いIさんでさえも 待ちくたびれそうです
海鮮トクぺギ

キムチで お腹が一杯になりそうに なったころ やっと出てきました 海の幸一杯の 海鮮トクぺギ☆
私は ご飯に海鮮スープを掛けて食べてみたら これが! すこぶる美味☆
海鮮トクぺギ2
      

ヤッパリ☆ 旅が 出来る のは イイ~ ☆ 

白い砂浜 と… 青い空 と…  澄んだ海 です 
西のヒョプチェ浜304

いいな~  

健康で しかも 旅をする なんと 幸せなことでしょう


撮影機材を積んだ トラックが数台 ありますよ
撮影トラック

ドラマかな? 映画かな? CMかな? 何か撮影の 準備がされているようです
撮影機材


さて! ここは どこでしょう?


「これ」を 見れば 直ぐ分ってしまいますね
この地の皆さんが 愛称で『おじさん』と 呼でいました
トルハルバンと砂浜
☆ 『トルハルバン』が ある砂浜は そう! 済州島 狭才ビーチです ☆ 

プロフィール

おっちゃんの旅

Author:おっちゃんの旅
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。