スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サグラダファミリア

076.jpg
一人の 発想と表現に 共感する人々 が 造り出す 芸術作品でしょう

私が 初めてサグラダファミリアを 知った時の感想は 『気持ち悪ー!』でした

蝋細工が 加熱されて溶けかけているような 感じがしたのです


しかし 今は 共感して建築を継続する人々の努力と熱意を 私は知り その一人一人の思いを 想像すると 感動で 胸が一杯になります

また 内部の造形は 建築家アントニ・ガウディの独創性が溢れていて 驚きます

バラ窓は こうなり
082.jpg

祭壇も こうなりました
083.jpg

そして 天井は こうなっています
086.jpg
 
ガウディも そして 1882年から継続し造り続ける人々も 実にいい! 人間てッ ホント素晴らしい☆ 
スポンサーサイト

バルセロナの朝は通勤ラッシュ

009.jpg
通勤ラッシュです 誰もが自宅で仕事をすることができれば この現象は無くなるはずです
自宅でなくても 職場が近くなら 少しは通勤も楽になるでしょう 不思議と職場が離れれば離れるほど 収入が増えるような気がします

さぞかし ストレスが溜まることでしょう

落書きは 溜まったストレスを 上手に発散できない人が するのでしょうか?

このごろ 先進国の都市によく見かけます この種の『落書き』
010.jpg
さぞかし 落書きを書いているときは スリル感を楽しんだ ことでしょう 
まったく 落書きは迷惑行為です

しかし この迷惑な落書きも 稀に『芸術』として評価されたり 時代風俗を後世に残す歴史資料となることが あるのですから…

人間社会とは 善と悪 表と裏 なんて メビウスの輪のようなもの なんですね

画家エル・グレコの絵は ど~うかな?

293.jpg
トレドてッ 坂が多いですよ  
そして 道路の舗装は石畳です その石は 大きめなんです
私のような 小さい足では 靴が石に乗り上げているかのようで 足元はグラグラ 足が勝手に遊んでしまいます

ガイドブックには 履きなれた靴でと トレド観光のアドバイスが 書かれておりましたが
履きなれた靴より 登山靴がベストでしょう

このトレドのボコボコ石畳には 底が固くて厚い靴がいい! つまり登山靴が 絶対お勧めです

290.jpg
ここは ユダヤ人街だそうです 少し雰囲気が変わるような 気がします


そして 画家エル・グレコの傑作と言われる「オルガス伯爵の埋葬」を所蔵する サント・トメ教会へ
295.jpg
残念なことに 立派なカテドラル同様に サント・トメ教会も 撮影禁止でした
フラシュ禁止は 私にも理解できるのですが 撮影そのものを禁止するのは どうもね~
でも 撮影禁止どころか 観光客を入場を禁止にする ことも教会は 出来るのですから
観光マナーは 守りましょう 

トレド の お土産は?

298.jpg
トレドのカテドラル 立派です!
信仰心よりも 権力欲がチラつく聖職と言われてます大司教の職にある者だけが  カテドラルなる冠を受けたキリスト教徒の教会の 主になれる のだそうです

そして 教会内は撮影禁止です 残念!

撮影し放題なのは お土産屋さん
308.jpg
 
金細工のパホ―マンスも無料です
302.jpg
騎士の甲冑も
306.jpg
305.jpg
剣も 金の装飾品も無料で 見るのは タダです
304.jpg
でも お土産にするには どれも高そうです
バブルの時代の日本人観光客か 今なら中国人が 良いお客様かもしれませんね


古都トレドに 相応しく意匠された 企業広告を 発見!

291.jpg

赤色が企業のイメージカラーである コカコーラの看板も トレドでは こんな感じになります

再生日本航空が復活させるそうです 赤い あの鶴のマークも 初めてパリ支店を開設する時には パリの街並みにそぐわないと 赤色から 金色の鶴マークに 変更したと聞いたことがありますが ここトレドでも 同じ考えなんですね

しかし 最近のコカコーラの広告は 印象に残らないのは なぜでしょう

昭和30年代~40年代に 漲っていた高度経済成長期の元気は 今何処!
「♪ダ・レ・もー 自由だよ~♪ イ・キ・テーいるト・キーは~♪」とか 「スカッと 爽やか!」とか
あの頃の コカコーラのCMソングやキャッチコピーが 懐かしく思えます

292.jpg

トレドの街路には 必ず角が付いていて 先を見通すことができないように 設計されています
これは 敵の攻撃進入にそなえた道路設計を イスラム統治時代になされたのだそうです

287.jpg

広場には ベンチに佇む人がいて この穏やかさ が いいですね 安らぎます
288.jpg

透き通ってました トレドの景色

279.jpg
空気が新鮮です 深呼吸してしまいます 空は青く綺麗でした

269.jpg
タホ川です キリスト教徒 イスラム教徒 支配者が 誰に変わるとも 川の流れは同じ かな?
歴史の流れ と 川の流れ は 流れるのは同じでも 人も水も常に新しいですよね
濁る時もあれば 清らかに澄む時もあります

今 トレドは 澄んでいるように 観えます

271.jpg
  
プロフィール

おっちゃんの旅

Author:おっちゃんの旅
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。